仕事に格闘技を活かす方法

広告やらなんやらのクリエイティブディレクターをやっています。格闘技のスキルを仕事に使えないかについて書きます。格闘技歴は6年ほどです。

クラヴマガ

先日、会社の同僚の女の子が六本木でバイクのバッテリーがあがってしまい立ち往生しているところを外国の方がとても丁寧に助けてくれてなんとかなったのそうです。

 

そこで「お礼をしたいので名刺か何かください」といったところ、その外国の方がクラヴマガのインストラクターだということがはじめてわかって携帯電話でクラブマガを調べたところそれはそれは物騒な格闘技だったらしく。その女の子からこんな格闘技があるの知ってました?といって教えてもらいました。

 

私は全然知らなくて早速調べたところイスラエル軍の護身術で米国政府機関にも正式に採用されている実践型の格闘技でした。

 

www.youtube.com

 

紹介ムービーを見ていると主に銃やナイフに対しての護身術のようで

本当に日本でこのようように銃火器を突きつけられることはほぼないだろうにと

思うのですがそんな格闘技のようです。

 

試合などあるのだろうかかと調べてみたら【巌流島】という格闘イベントで参戦しており

2016年3月25日(金)東京・TDCホールにてプロレスラー田村潔司と対戦し3-0の判定勝ち

2016年7月31日(日)東京・有明コロシアムにて螳螂拳の瀬戸信介と対戦して3-0で負けています。

試合内容まではわからないけどクラヴマガは超接近戦だと考えられます。

なのでグラップリング(寝技中心)相手の方がおそらく有利なのではないかと思います。

 

軍用格闘技と言えば有名なのはロシアのサンボです。

www.youtube.com

この格闘技もスポーツサンボとして競技化されていますがもともとはコマンドサンボ

として軍隊格闘術がスポーツ化したものです。

サンボは柔術とボクシングをミックスしたもので、それを軍用にブラッシュアップして現在にいたります。

 

両方の格闘技に共通しているのは共に軍用ですので一瞬で相手を死に至らしめる事ができる技に特化しているということです。

 

サンボVSクラヴマガの対決は非常に見応えがあり面白そうです。