読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事に格闘技を活かす方法

広告やらなんやらのクリエイティブディレクターをやっています。格闘技のスキルを仕事に使えないかについて書きます。格闘技歴は6年ほどです。

やる気の出し方

f:id:katayamaryosuke:20161123161355j:plain

今日はやる気がでないなとか今日はダルいなと思う日があります。

そんな時にやる気を出すためには「まず、少しだけやってみる」と案外そこからエンジンがかかってやれるものです。

 

格闘技の場合にも通常のトレーニングに入る前にストレッチをしたりしますが、

以外と重要なのが練習に入る前のシャドウボクシングです。

ジムには鏡が貼ってあるので自分のフォームを見ながら軽くジャブやストレートを出していきます。

ポイントはリキまないことで「とりあえず、攻撃をだしてみる」ことです。

 

1R目はとりあえず攻撃を出して体が痛くないかとか体のどこかに異常がないかとか試しながらゆっくりフォームを出していきます。

 

2R目は体があったまって来たら相手の間や自分の空間を意識して距離を感じながらシャドウボクシングをしていきます。

 

3R目は仮想の敵を思い浮かびながら鏡を見ながらフォームをチェックしつつシャドウボクシングをしていきます。

 

この3Rをこなして行くとどんなにやる気が起きなくてもダルいなーと感じていても徐々にスイッチが入ってやる気がでてきます。

 

これは、仕事や勉強も同じでやる気がでないなーとかダルいなーと感じた時には

まずはほんの少しだけチカラを抜いてやってみる。

例えば、仕事であれば、自分の仕事の前にちょっとだけウォーミングアップ的に予定を立てて確認してみるとかまずはなにか一行タイピングしてみるとかはどうでしょう。

勉強であれば鉛筆をもってノートを開いて落書きでもいいから書いてみる

 

そんな感じでまず、本格的に入る前にルーチンを作ってしまい、

それをこなすことでやる気スイッチが入りやる気になります。

 

そもそもやる気というのは

脳の淡蒼球という部分が刺激されやる気が出るのでそこを刺激させなければなりません。

 

その淡蒼球こそ体を動かすことで刺激できるのです。

 

やり気がでなくてもとりあえずペンをとり実際に少し関係ないことでもやり始めると3分3Rぐらいですっかりやる気スイッチである「淡蒼球」が刺激されやる気になってしまいます。 

詳しくはこちらに書いてあります。

その他のやる気の出し方も書いてあります。

1.体を動かす

2.笑顔をつくる

3.いつもと違うことをする

4.ご褒美を与える

5.なりきる