仕事に格闘技を活かす方法

広告やらなんやらのクリエイティブディレクターをやっています。格闘技のスキルを仕事に使えないかについて書きます。格闘技歴は6年ほどです。

自分のスタイルの見つけ方

f:id:katayamaryosuke:20161213134430j:plain

格闘技でもデザインでも仕事でも音楽でも自分のスタイルを持っていると途端にそのジャンルが面白くなり上達します。

 

以前にもこんな記事を書いたのですが

katayamaryosuke.hatenablog.com

 

島田紳助氏は XとYの方程式の話で解説していました。

そのやり方を自分の言葉でまとめてアウトプットしてみようと思います。

 

以下まとめ 

4つのステップで達成します。

  1. 自分のやりたいできるスタイルを見つける
  2. それに類する情報を集めて片っ端から見る
  3. 世の中の流れを見て何が有利でどのようにするかを分析する
  4. その流れに当てはめるようにひたすら繰り返し練習する

 

  1. 自分のやりたいできるスタイルを見つける

どのようにやるかというと自分の好きなパターン、できそうなパターン、得意なパターンを細かく見て集める

 

音楽だったら、どんなジャンルがいいとか、どんな楽器を弾くとか、デザインだったらシンプルなものが好きなのか?細かいものが好きなのか?

とにかくそのジャンルに興味を持ってたくさん見たり聞いたりする。

 

ポイントは

興味を持って自分が何が好きで、なにがイマイチなのかをしっかり探ること。

自分のできることをチョイスすること。

 

  1. それに類する情報を集めて片っ端から見る

これが好きだ、これがやって見たいと思ったらさらにそのジャンルに絞って類するものをひたすら見て研究する。できれば細かくコピーしてみる。

 

ポイントは

学ぶことイコール真似ることと考えてやること。

類するものを合わせたり、離したいりくってたりしてオリジナリティを出していくこと。

 

  1. 世の中の流れを見て何が有利でどのようにするかを分析する

これはひたすら勉強で、そのジャンルがどういう歴史をたどってどういう未来へ向かうのか予測する。

 

ポイントは

過去の歴史を振り返りどのようなサイクルでそのジャンルのパターンが変化しているかに注目すること。

 

 

 4.  その流れに当てはめるようにひたすら繰り返し練習する

こうすればうまくいく。(ヒットする、当たる、勝てる)というのは予測でしかないのでそのパターンが古くならないようにカスタマイズしながらその予測に合わせるように繰り返し練習して自分のものにする。

 

ポイントは

世の中の流れは逐一変化していくのでその流れに自分のやりたいことを合わせていくこと。

そうすれば自分のスタイルが確立して成功へのキップを手にすることができる。