仕事に格闘技を活かす方法

広告やらなんやらのクリエイティブディレクターをやっています。格闘技のスキルを仕事に使えないかについて書きます。格闘技歴は6年ほどです。

一歩を踏み出す勇気

f:id:katayamaryosuke:20170828135238j:plain

格闘技をやっていて思うことがあります。

それは、一歩を踏み出す勇気ってものすごく大切だなという当たり前のことです。

 

以前、元世界チャンピオンとスパーリングをした話を書きました。

katayamaryosuke.hatenablog.com

世界チャンピオンに素人の自分が挑むなんて無謀の何者でもないのですが

なぜ、勇気を振り絞り、スパーお願いしていいですか?と言えたかというと、こんなチャンス滅多にない。と思ったからです。

怖いは怖いです。なにしろ手加減はしてくれるとはいえ、世界レベルのパンチやキックをもらう可能性があるのだから当然、怖い。

でも、その時は怖さより好奇心が勝りました。

チャンプとグローブを交えることでなにか得れるものが絶対にある。

むしろ、見てるだけでは得られない事があるはずだ。と考えました。

スパー自体がみっともなくてもいいや。別に死にやしないし。むしろこのチャンスを逃したらいつ、チャンプにスパーをしてもらえるかわからいから、ダメ元で頼んで見よう。

そして、一歩踏み出した感想は上記のリンク通りです。

やっぱり、体験しなければわからないことがあるなということが解りました。

散々、本を読んで知識を付けても、体験一発で全然違うということがわかりました。

インプットよりエクスペリエンス。

 

フリーランスになる、会社を経営する(所謂、起業する)、株をはじめる。

魚をさばくでもギャンブルをするでもなんでもいいです。

 

本やネット、人の話を何度でも聞く、インプットを膨大にしていても、実際にやってみるという体験は、どんな知識よりも遥かに得れる情報量が多いのです。

 

いつか、起業してみたい、いつかフリーランスになりたい。

こんな話をよく耳にするのですが、いつかではなく、いますぐにでもはじめればいいのです。

 

知識がないと失敗するかもしれない。

そんな風に感じる人も多いと思います。

 

では、失敗ってなんですか?

破産ですか?

人から笑われることですか?

 

そんなものははじめてからどんどんブラッシュアップしていけばいいのです。

はじめは、みっともなくていいんです。

チャンプだってはじめは上手い人の前では子供同然だったはず。

いきなり世界レベルの攻防ができるとは思えません。

 

いきなりはじめちゃえば後はひたすら損をとりもどしたり、上手くなるように努力したりすればいいだけのことです。

 

チャンプに挑んだ事を笑う人がいるかもしれませんが、

それと同じだけ、「スゴイね」と言って応援してくれる人がいます。

 

失敗するのが怖いからと言って

いつか、いつかと言って知識を付けているだけで先送りをしていては、絶対にその「いつか」は現れません。

 

かっこ悪くてもいいし、ものすごく小さな一歩でも踏み出した者にこそ、

その「いつか」にたどり着ける可能性があるのです。

 

失敗するかもしれない。人に笑われるかもしれない。

その恐怖に打ち勝って一歩踏み出す勇気こそ成功の第一歩です。

この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます。

katayamaryosuke.hatenablog.com

katayamaryosuke.hatenablog.com

katayamaryosuke.hatenablog.com