仕事に格闘技を活かす方法

広告やらなんやらのクリエイティブディレクターをやっています。格闘技のスキルを仕事に使えないかについて書きます。格闘技歴は6年ほどです。

諦めたらそこで終わり

f:id:katayamaryosuke:20161119162554j:plain

 

格闘技で最も大切なことのひとつに「諦めない」ということがあります。

これは本当に大切で1Rの三分間をどう戦うかということもありますし、チャンピオンになることを諦めたらそこで全てが終わってしまう。ということもあります。

 

三分間全力で相打ちするのは本当にしんどくて最終ラウンドの最後の打ち合いではフラフラでも印象を残すためにも気持ちで負けないように見せるため全力を出して攻撃をしかけます。つまり勝つことを「諦めない」のです。

どんなにも辛くても、どんなに苦しくても最後の最後の一発まで全力を出し続け、最後の一発まで倒すことを「諦めない」。

選手は全員そんな気持でリングに上がって行きます。

 

長い選手生命の中で、リングに立てなくなるときもなあります。

例えば、怪我をしたりどこかを痛めてしまえばひたすらガマンをして基礎トレーニングをやり続けるしかありません。

 

これは仕事でも同じなのです。

なんでこんな事をしなければ行けないのか?と理不尽なことも起きたりします。

結果が納得の結果にならないこともあります。

 

そんな時、どうするか「諦めない」ことです。

自分の目標や、やりたいことがあるのなら「諦めない」こと。

 

私もデザイナーになりたての頃はこんな事するためにデザイナーになったわけじゃないのにと思いながら雑用をしていました。デザインをやりたいと毎日思っていました。

しかし、諦めませんでした。

いつか、もっと面白い仕事をしよう。

いつか、もっと世の中を面白くしよう。

ずっとずっと、諦めないで納得行かないことも面白くないことも乗り越えようとしてきました。「諦めない」気持ちがあればどんなに辛くてもどんなに苦しくても案外耐えれたりします。格闘技のトレーニングと同じです。

諦めていなければ、どんな状況下でも思い出したようにポロッと面白い案件や、やりがいのある案件が出てきたり、ごくごく稀にこれは手応えを感じた!と思えるような案件に出会うことができます。

その時にしっかり実力が出せるようにいつも手を抜かずに一生懸命、日々を過ごことが大切です。

こんなことがやりたいんじゃない!と「諦めて」ちがう道に逃げ込むのではなく、遠回りをしてでも「諦めなければ」どのような形になるのかは置いといて必ず結果は出てきます。

 

仕事で結果を出したいなら

1.最後まで全力で戦い手を抜かない

2.なりたい自分や目標を諦めない

 

この2点をしっかりまっとうすればきっと結果が出て周りに評価されることになるでしょう。