読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事に格闘技を活かす方法

広告やらなんやらのクリエイティブディレクターをやっています。格闘技のスキルを仕事に使えないかについて書きます。格闘技歴は6年ほどです。

天職に出会う方法

f:id:katayamaryosuke:20161201160409j:plain

これに向いてるとか、これが好きで好きでやめられない事を仕事にするということは、

まぁまず「ない」です。

 

大体、自分は何が得意で何が好きでなにに夢中になれるかなんてわからないものです。

以前このブログにもかきました。

katayamaryosuke.hatenablog.com

 

大体、なんとなくで決めているというのが本音なのです。

いい加減決めなきゃーなーとなり、コレかコレかコレかなーといって自分の選択範囲でなんとなくいいものを選ばなきゃならない状況になったから、なんとなく選ぶ人が大多数でしょう。

 

それが普通だしそれでいいのですが、天職にめぐりあいたい!と思う気持ちもわかります。

 

では、どうすればいいか?

「目標をもってひたすらトライ&エラーを繰り返す」ことで必ず天職に辿りつきます。

 

人間だれしも理想を求めるあまりに、目先のことがおろそかになるケースが非常に多いです。

 

格闘家はその点が非常にシンプルです。「次の試合に勝つ」これだけです。

目標がはっきりしている分迷いがないのです。

勝てば勝つほど次の試合が組まれていき、負ければ負けただけ引退に近づいていきます。考えている余裕はなく常に次の強敵の対策とトレーニングをしなければなりません。

 

まずは、目先の目標をどうクリアするかをきちんとこなせば、次々に目標が現れてきます。それを何も考えずにひたすらこなしていく内にそれが、天職だと気づくこともあるし、勝てなければ他のフィールドで挑戦すればいいのです。

 

ただ、闇雲に自分の天職はなんだろう?と頭で考えるより、

まずやる。

そして、それで他の人より勝てるのか?どんどん強い敵にぶつかっているか?を鑑みてトライ&エラーを繰り返してるうちに天職だ!と思えるものに出会うことができます。

一発で天職なんてみつかりませんよ。

 なので40歳になってから天職に出会うなんてことも珍しいことではありません。

 

天職に出会うには「まずやる。」そして「目標をこなす」これを繰り返していくしかありません。