読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事に格闘技を活かす方法

広告やらなんやらのクリエイティブディレクターをやっています。格闘技のスキルを仕事に使えないかについて書きます。格闘技歴は6年ほどです。

無敵のフロー状態、ゾーンの入りかた

f:id:katayamaryosuke:20161202152304j:plain

スポーツの世界では「ゾーン」というと最大パフォーマンスをもたらす、超集中状態のことを指します。「ゾーン」に入った選手は球が止まって見えたりスタートの時間がスローに感じて自分のタイミングでスタートを切れるようになるとかいいます。格闘技では、攻撃するところが光って見るなんてことを聞いたりします。

 

この「ゾーン」というのは一般的にはフロー状態という超集中していながら同時にリラックスもしているという状態で1970年代に心理学者のミハイ・チクセントミハイが名付けた概念です。

 

このフロー状態に入るのはなにスポーツ選手に特化したものではありません。自分の仕事をフロー状態でこなすことができれば、通常よりも数倍の仕事をこなし、最大のパフォーマンスができるようになります。

 

そのフロー状態の入り方を医学博士の石川善樹氏が解説していましたので紹介します。

 

cakes.mu

 

この中で石川善樹氏はフロー状態になると時間も忘れて没頭してしまう「幸せな状態」がフロー状態であると説明しています。

 

さらに石川善樹氏はフロー状態に入るには4つのステップが必要だと説明しています。

 

  1. 強い感情を感じる
  2. 一気にリラックスする
  3. 目標行動の実施をイメージ
  4. 動作に入る前のルーティン

 

この4つのステップを踏めばだれでもフロー状態に入ることができるといいます。

 

1強い感情を感じるは

締め切りだったり、やらなければならないという状態のプレッシャーのことを指しており「やらないといけない」という焦りや恐怖を感じることで達成きできます。

 

2一気にリラックスする

これは、瞑想などにも通じることですが「息をゆっくり吐く」ことで息が深くなり深呼吸をする感じになって呼吸が整うからこそリラックスできます。

 

3目標行動の実施をイメージ

これは、今からやることの完成の精度を具体的に「目標設定」します。

どれぐらいのいいものを作るのか、出来上がりの目標達成イメージはどれくらいかをしっかりとイメージします。ポイントは「ちょっと上の目標設定をすること」で、いつもよりも少し良くするイメージをします。

 

4動作に入る前のルーティン

これはラグビーの五郎丸選手で有名になった忍者ポーズのようなもので集中状態に入る儀式のようなものです。例えば、フロー状態に入る前に「席から1回立ってトイレで手を洗う」それから席に着くといった単純な行動でもOKです。

 

この4つのステップを踏めば更にフロー状態に入りビジネスマンも格闘家も確実にパフォーマンスがアップします。